となりの姉妹

長野まゆみさんの「となりの姉妹」「よろず春夏冬中」二冊読了。

学生時代、教科書に載っていた「卵」という作品を読んで以来の長野さんのファンで
鉱石や植物や天体などワクワクするキーワードを美しい言葉で紡いだ文章が大好きなんだけど
近年はテーマがそのへんじゃなかったので、あんまり読んでいなかった。

[amazonjs asin=”4167717468″ locale=”JP” title=”よろづ春夏冬(あきない)中 (文春文庫)”]
[amazonjs asin=”4062766000″ locale=”JP” title=”となりの姉妹 (講談社文庫)”]
「となりの姉妹」は珍しく女性が主人公で、謎が紐解けるようで紐解けない、そんな作品だった。
長野さんの作品は全体的に「みなまで言うな」という世界なので
謎解きスッキリみたいなのはないんだけど、それぞれ読み手が考えられるので楽しい。

長野さんの作品は文章で季節を感じる事ができるのでとてもおすすめ。
夏は「夏帽子」を読みたくなる。夏帽子が一番好きな作品。
[amazonjs asin=”4309407048″ locale=”JP” title=”夏帽子 (河出文庫―文芸COLLECTION)”]

タイトルとURLをコピーしました