トロリーにゆられてダウンタウンめぐり

Ad:

足のサイズ大きい女性あるあるだと思うけど
海外に来ると履ける靴がいっぱいあって嬉しくなって買っちゃうやつが発動した。

2人しか泊まってないはずのホテルに靴が増える
2人しか泊まってないはずのホテルに靴が増える

そもそも日本に比べてミネトンカがかなり安いという時点でウキウキしていたら
アラモアナのスパイラルガールでミネトンカのサンダルが20%OFFになっていて
おまけに日本を出る前にHISのレアレアポイント20ptをゲット済だったので
20ドル分安くなって、2000円ちょいでサンダルを購入。
翌日はワイキキのお洋服屋さんでも別のモカシン買った。
もう日本でミネトンカ買えないな…って思うレベルだった。

そんな訳で早いもので最終日。夕方ホノルル空港を出発するまで
レアレアトロリーのダウンタウンラインでぐるぐるしてみることにした。

サムズキッチンで朝ご飯

まずは朝ごはん。サムズ・キッチンの現地っぽい料理を食べる。
ガーリックシュリンプで有名なお店だけど、路地の奥にあるのでちょっとドキドキだった。
サムさんらしきタトゥーいっぱいの外国人が出てきた時は非常に緊張感があったが
テイクアウトにする?袋いる?って優しくしてくれて、とても気さくなお兄さんだった。サンキュー、サムさん(仮)
私は海老があんまり好きじゃないので、アヒポキをセレクト。
まぐろは正義だった。味付けは美味しいんだけど、ハワイは全体的にお米があんまり美味しくない気がする。
そしてこのお米の量である。300gは余裕である。

サムズ・キッチンのおとなりにはカンニング竹山さんのお店ができていた
サムズ・キッチンのおとなりにはカンニング竹山さんのお店ができていた

昨日に引き続き、ビーチで朝ごはんとかいう道端三姉妹みたいな状況だけど
食べているのはスムージーとかそういうミチバティックなアイテムではない。
米、米こそ我々の原動力。

NO お米 NO LIFE
NO お米 NO LIFE

ごはんを食べ終えて、ややお散歩をする。

南国感
南国感いっぱいの木
ブーゲンビリア的な何か
ブーゲンビリア的な何か

男子高校生なら走って飛び込む感じの場所。飛び込み禁止って書いてあったけど。

三宅「えみちゃーん」 森田「めぐみーっ」 岡田「ゆうこー」
三宅「えみちゃーん」
森田「めぐみーっ」
岡田「ゆうこー」

禁止なのかぁ、気持ちよさそうなのに…と思いながら海を見ていたら
ちょっとヤンチャしとるで系の現地人とみられる男子が、おもむろにTシャツを脱いで飛び込んでいた。

カップルがプカプカしていた
その付近でカップルがお手手つないでプカプカしていた。さっきの男子は、この子達を爆発させるために飛び込んだのかもしれない。青春だなぁ。

ホノルル動物園付近にある、この銅像を見に来た。お久しぶりです先生

マハトマ
マハトマ

銅像を見て満足したので、幾度目かのジャンバ・ジュースで冷たいジュースを買う。

今日も暑い
店内は天気予報が流れている。今日も暑い

ダウンタウンラインに乗り換えるために、まずはターミナル駅のロイヤルハワイアンセンターまでトロリーに乗って移動。

色々なトロリーが走っている
色々なトロリーが走っているので間違えそうになる。これはJTBさんのだ。

ダウンタウンラインのトロリーは本数が少ない。
ロイヤルハワイアンセンターでずっと待っていたら、お散歩中のおしゃれな犬に遭遇。
「こいつは観光客に人気なんだ!」と、飼い主さんが快く写真を撮らせてくれた。

マハロ〜
目線くださーい

写真撮られ慣れすぎて、もうなんの感慨も抱いていない顔をしている。逆に抱きしめたい。

ダウンタウンをゆく

以前訪れた際にはワイキキ周辺とパールハーバーとノースショアを見て
ダウンタウンの方には一切行かなかったので、今回はこの辺をぜひ見ておきたいと思った。
思ったけど時間はそんなにないので、ガイドさんが解説なんかもしれくれちゃうし
トロリーで一周したらいいじゃないのよという結論になった。

ハワイといえば、そうだね出雲大社だね。

ヌシカンさ〜ん!
ヌシカンさ〜ん!

折角だけど降りません。見るだけ。これは大事なモヤモヤポイントだから。

水道局などを抜けて、銀行や行政の建物が集まる政治経済の中心地へと走って行く。
その近くにあるチャイナタウンでは中国語の表記も目立つ。

「夏威夷」で「ハワイ」らしい。
「夏威夷」で「ハワイ」らしい。

このあたりはかつて起きた火事により新設された建物と古くからの建物が混在しているらしい。
建物の高さにも規制があるとかで、全体的に低い建物が並んでおり、今度時間がある時にはぜひ歩いてみたいなと思った。

レンガ造りの建物が並ぶ
レンガ造りの建物が並ぶ

海外に来て移民の町を見るのはなんだか不思議な気分だった。

異国情緒に次ぐ異国情緒
異国情緒に次ぐ異国情緒

おみやげ仕入先として大人気なヒロ・ハッティまで運ばれていく。しかし降りない。
ヒロ・ハッティには消防車が停車していた。

消防車は黄色い
消防車は黄色い

漁港沿いも通る。とれたてのお魚を楽しめるレストランや、
ハワイの海洋深層水で氷を作っている会社の倉庫などが立ち並んでいた。

カジキマグロとか釣れるんだろうな(イメージ)
カジキマグロとか釣れるんだろうな(イメージ)

前回「えっ、ハワイ行ったのに見てこなかったの?」と訊かれた超有名銅像があるハワイ州最高裁の前も通過。
ここはトロリーの運転手さんがシャッターチャンスを設けてくれた。

も、もしやあれは
も、もしやあれは
南の島の大王は その名も偉大な かめはめ波
南の島の大王は その名も偉大な かめはめ波

昨今アートの街として有名になっているカカアコ地区を走っていると、
カラフルな倉庫が沢山見えてきた。

プログレ感
プログレ感
スタバの額縁とかに入ってそう
スタバ感

A氏夫妻が教えてくれたお店・フィッシャーハワイもこのあたりにあった。
文房具が安くたくさん売っているお店らしく、文房具好きとしては大変興味深いお店だ。
しかし今回は、降りない。

文房具が安くたくさん売っているお店
そしてここにもプルメリア

ダウンタウンをぐるっとまわって、最後にゆっくり探そうと決めていた、あるお土産を探す事に。
米国はエンジニア大好きエナジードリンクの聖地ということで
私のいない間にシステムの平和を維持してくれたエンジニアさん(モンスターエナジー派)へのお土産。
これはドンキでもゆっくり見たんだけど、いやちょっと今はまだ決められないわと思って最終日に持ち越した。

モンスターリハブ(緑茶)、ジャバモンスター(珈琲)など、パンチの強いアイテムが並ぶ中、
下手な強力アイテムを飲んで逆に体調を崩しちゃったりしたらアレなので
味の冒険よりサイズの冒険にしようと思い堅実な選択を行った。

メガモンスター一択
たのむぜ、メガモンスター。

メガモンスターをスーツケースにしまいこみ、空港へと移動する。

帰国の途

ホノルル空港のトイレのピクトグラムが大変かわいらしかった

ハワイ語で「カネ」は「男」だ。キャプテンボブのバスで教えてもらったやつだ。
ハワイ語で「カネ」は「男」だ。キャプテンボブのバスで教えてもらったやつだ。チャレンジでやったやつだ。
女子
女子は「ワヒネ」かな?頭のお花が左についてるから既婚だね。

さよならハワイ…と思っていたら、出国する私達へハワイの神様からメッセージが

「おちつけ」
「おちつけ」(by聖☆おにいさん)

また来ま〜す

Ad: