パール・ハーバー

Ad:

パール・ハーバーからドールプランテーションへ

この日到着するA氏の会社の愉快な仲間達を空港まで迎えに行き、そのまま観光に。
パール・ハーバーの戦艦ミズーリ記念館へ。

Battleship Missouri Memorial

綺麗な湾だった
綺麗な湾だった

 
かつてニルヴァーナのカート・コバーンが来日公演で「パール・ハーバーの復讐だ」と挨拶していたそうだが
先の大戦で日本が奇襲攻撃をかけた場所という事で、伺うからにはしっかりと見ておこうと思った。
そしてこんなに穏やかで美しい海で戦争してたなんて実際来てみると本当に信じられない。

戦艦だけでなく飛行機もある
戦艦だけでなく飛行機もある

零戦も見られるらしいけど、そちらの入場料がけっこうするので同行者を誘うのも申し訳ないなぁと断念した。
 

日本では終戦記念日は玉音放送のあった8月15日だが、アメリカ的にはこのミズーリで降伏調印式が行われた9月2日だそうだ。
ミズーリが日本の降伏調印式場になった際には、ペリーが黒船につけていた星条旗が掲げられていたという話をきいたことがある。
しかし、入る前まで考えていたその星条旗のことをすっかり忘れてミズーリの内部に夢中になってしまった。

夢中な要因1 メーター類
夢中な要因1 メーター類

夢中な要因2 メーター類2
夢中な要因2 メーター類

船の内部はかなり自由に見学ができて、触れるものも多い。
内部は女性の私でも狭小に感じるのに、私より大柄であろう米兵が何人も共同生活をしていたと思うとすさまじい。
 

ミズーリからは、アリゾナ記念館が見える

この下に戦艦が眠っている
この下に戦艦が眠っている

この記念館は、日本軍が沈めた戦艦アリゾナが沈んでいる上に立てられた慰霊碑だそうだ。
第二次世界大戦の始まりと終わりがある海は、ワイキキ周辺と比べて日本人らしき人は少ないように感じた。
国内の戦跡を見る機会はそれなりにあるけど、海外に来た際に日本が残した戦跡を見ることも重要だなと思った。

 
パールハーバーを後にして、島を北上する。

そういえば王様の銅像見てない
そういえば王様の銅像見てない

ドール・プランテーションに。
Dole

ときめいて プランテーション
ときめいて プランテーション

中は広い農場テーマパークだった。
広大な敷地に、パイナップルやカカオなどが植えられている。
上司「パイナップルってこうやって生えるの?」私「知らないんですか?鉄腕DASHでやってましたよ?」
上司「パイナップルってこうやって生えるの?」
私「知らないんですか?鉄腕DASHでやってましたよ?」

大事なことはいつも鉄腕DASHが教えてくれる。
 

とにかく広いので鉄道も走っている。
ちなみに鉄道のレールの敷き方も鉄腕DASHで学んだ。

パイナップルプリンセスの歌を歌いながら乗るらしい
パイナップルプリンセスの歌を歌いながら乗るらしい

よくわからないけどカラフルな木もあった。見る植物がすべてちょっと日本じゃ見掛けない様子をしていて楽しい。
サルスベリの仲間だろうか
サルスベリの仲間だろうか

そして、ここに来たらこれを食べないと!というパインソフトを食べる。
超パインパインしてた。美味しかった。
超パインパインしてた。美味しかった。

食べている足下では、放し飼いの鶏が優雅におさんぽしている。
柄が派手だ
柄が派手だ

顔はめ系の記念撮影スポットが豊富にあったんだけど、顔はめに顔モザイクは割とさびしいので掲載を見送ってみた。

Ad: