三鷹の森ジブリ美術館

スポンサーリンク

念願の三鷹の森ジブリ美術館に行ってきた。

地元の友人であるH川さんと、K山ちゃん、高校の後輩であるそーさん、そして自分というイレギュラーなメンバー。
自分きっかけで繋がる友人がいるとなんだか不思議。

三鷹駅からコミュニティバスで5分程度で到着。
ダミー受付にはトトロ。周囲では当然子供がおだってた。
到着後、即カフェに。
カフェの混雑時は順番を待つのですが、その待つスペースが木陰になっていて、とても過ごしやすい。
足元に置かれたポルコの蚊遣りなど、細かい所がグッとくる。
売店のラムネを飲みながらおしゃべりをしていたら、あっというまに順番になった。(小一時間あったけど)
基本的に館内は撮影禁止だけど、カフェのごはんはOKとのこと。

すごいボリューム

すごいボリューム

1000円ですが、結構なボリュームでなるほどのお値段。そしておいしい。

半分で断念

半分で断念

生クリームは少しで十分という自分にとっては半分で満足な大きさ。
半分で普通のケーキくらいのサイズ。本当に大きい。700円くらい。

満足に食べたら中を散策。
数多のジブリキャラクラーに心奪われてきたけれど、
やはりマイベストジブリキャラといえばムスカ大佐。ムスカを探す。館内くまなく探す。

読める、読めるぞ!

読める、読めるぞ!

ムスカ的なものは、屋上にあるこれくらいだった。撮影できるポイントなので、もちろん
「バルス!」っていう写真を撮りましたとも。K山さんの買った飛行石を借りてまで。
ちなみに、お土産物ショップにもムスカの形跡はなかった。
友人達に「このラピュタトランプ買ったら1枚くらいいるかもよ!」と慰められた。

やめてぇ〜〜〜〜(シータ)

やめてぇ〜〜〜〜(シータ)

ジブリはもちろん好きな映画がたくさんあるものの、そんなに真剣に好きだとは思っていなかったんだけど
展示してある世界観を目の当たりにして、やっぱり凄いんだなと思った。
盲目的に好きだという訳ではないけど、やっぱり好きだ。
すごくさわやかに好きだ。こう、サラっと好きだ。雫、好きだ!的な気持ちで好き。
でも天沢聖司君はとんだストーカー気質だと思う。

帰り道のバスから「鷹匠喫茶」なるものを見つけたので、今度はそこに行きたい。
鷹匠になって森で暮らしてアシタカ様と出会って共に生きたい。